江ノ島水族館へ行ってみよう!

江ノ島水族館

日本各地に水族館はありますが、神奈川県にある水族館として有名なのが江ノ島水族館です。
いつも人で賑わっていますので、行くなら朝早く行った方が混雑を避けられて良いです。
チケットは水族館やズーラシアや箱根小涌園ユネッサンなどとセットになったチケットもあるので、予めホームページで見て、どのチケットを買うか決めておくと良いでしょう。

水族館の中に入ると巨大な水槽があるので、とても印象的でしょう。
この巨大水槽は相模湾水槽と言い、相模湾にいる魚や生物が泳いでいますので、こんな魚が身近にいるんだと感じながら見ることが出来ます。
さらにはトンネルの水槽もあるので、その中に行けばまるで海の中を歩いている感じです。
巨大なカメや鰯の群れなどを見ることも出来ます。

クラゲファンタジアンホールという場所もあり、こちらは海中をイメージして暗くなっている場所であり、いろんな種類のクラゲがいます。
その他にも深海の生物の展示室や渓流を作ってイワナなどが泳いでいる場所もあります。

体験施設

体験できる施設としてはイルカショーがあります。
ショーでは3種類のイルカが共演し、いろいろなことをして見せてくれます。
イルカが合奏したりするので、とても面白く、時間があっという間に過ぎてしまいます。
午前と午後にショーの時間が分かれていますが、午後になれば立ち見の人が出るほどの人気ぶりです。

そして子供と一緒にいくなら、おすすめなのがなぎさの体験学習館です。
水槽にナマコやヒトデがいて、触ることが出来る場所です。
ただし持ち上げて水槽から出すのは禁止なので、触るだけにしましょう。
屋外プールに行けば亀が泳いであり、ガラス越しにペンギンも見られます。
ペンギンストーリーというショーもありますが、こちらは大変人気なので人が多すぎて見られないこともあります。

休憩施設

オーシャンデッキがありますので、江ノ島と海が一望でき、椅子などもありますので、ゆっくりと休めます。
屋外に繋がっているデッキなので、天気の良い日などは気持ちがよいです。
またここにはジュースやアイスの自販機もあります。

売店に行けば、ジュースやパンなどが販売されており、ここにはテーブルはないので、オーシャンデッキで食べるか、窓際の椅子に座って食べます。
またカフェがありますので、軽食を食べることも出来ます。

江ノ島水族館には駐車場はなく、車で行くとしたら近くに有料駐車場がありますので、そこに車を止めます。
電車で行くなら小田急江ノ島線で片瀬江ノ島駅で下りると近いです。
江ノ電の江ノ島駅からも行けますが、こちらだと10分ほど歩きます。
水族館の営業時間は通常の日であれば9時から20時までとなり、年末年始は閉館時間が早くなりますので注意が必要です。