保険料を抑えるコツ

節約するために内容を知っておこう

自動車には絶対に加入しなければいけない自賠責保険と、それ以外に任意で加入できる保険があります。
任意保険は民間の保険会社の提供しているサービスを利用することになります。
また、任意保険に加入しないという選択もあり、それが最も保険料を抑えられる方法となるのですが、それだとリスクが大きいでしょう。

そこで、任意保険を選ぶ時には最低限必要なもののみに加入することで、保険料を節約できます。
保険選びではどの補償を含めるのかがポイントとなります。
たとえば、車に対する補償や人に対する補償、物に対する補償などが存在しています。

補償内容を細かく選択できることが多いため、補償の範囲を検討することによって、無駄なものを外しましょう。
まず、自分と同乗者に対する補償として、人身傷害や搭乗者傷害への補償があります。
このうち、人身傷害をつけていれば、補償は行われるため、必ずしも搭乗者傷害は必要ではないです。

自分の車に対する補償は車両保険によって受けられます。
車両保険には2つの種類があり、一般型とエコノミー型と呼ばれています。
一般型の方が補償範囲は広くなっているため、さまざまな事故が心配な方はこちらを選びましょう。

エコノミー型の場合は自損事故や当て逃げなどについて補償されません。
ただし、エコノミー型の方が保険料は安くなるため、どうしても保険料を節約したいならばこちらを選択すると良いでしょう。
色々な特約が存在することが多いのですが、それらは基本的につける必要はありません。

補償内容を検討する

車の保険では運転者の条件を設定することができます。
基本的に保険というのは車両ごとに加入するものであり、その車の運転者を限定することもできるのです。
たとえば、本人限定となっていて配偶者が運転して事故を起こしたとしても補償は受けられません。

その車を実際に運転する人のみを条件に含めるべきでしょう。
年齢に関しても条件を設定できるため、運転者が高齢なのに低い年齢をカバーしているのは無駄です。
家族構成が変化したり、年を取った場合には運転者の条件を見直すと良いでしょう。

さらに保険料を節約する方法として、たとえば複数の車を持っていてそれぞれ別の会社の保険に加入している場合は1社にまとめることによって割引される場合があります。
生命保険に加入している方は、たとえば死亡した時の補償を生命保険でカバーすることが可能です。
そうすれば人身傷害の保険金額を最低限のものに設定できるでしょう。

レジャー保険や傷害保険などに加入している場合も、補償が被っている場合はどちらかの保険金額を下げることで保険料の節約になります。
車の保険は定期的に見直すことも大切です。