新車と中古お得なのはどっち?

保険料が異なる

車の保険料は新車と中古車で違いがあるのでしょうか。
任意保険については保険会社や商品によっては新車と中古で保険料が異なるケースがあります。
たとえば、車両保険に関しては新車の方が高くなりやすいでしょう。

車両保険は車に対する保険であり、その車の価値が高くなれば補償金額も高くなるため、当然保険料も高くなりやすいのです。
ただし、新車割引のある保険も存在するため、この場合は新車の方が安くなるでしょう。
また、ABSやエアバックといった安全装置のついている車の場合に保険料が安くなるケースもあります。

したがって、一概に新車と中古のどちらの方が保険料が安いのかを決めることは難しいでしょう。
また、中古車に関しては車両保険をつけないという選択をする方もいます。
中古車に小さなキズがついたとしても気にしないという方は多いです。

ただし、全損してしまうと代わりの車を用意しなければいけず、その場合は余計な出費が増えてしまいます。
このような状況だと車両保険に入っておけば良かったということになるでしょう。
急な出費に備えたいならば、念のため車両保険への加入を検討しておきましょう。

中古車であってもローンに入る方は多いです。
したがって、万が一に備えて車両保険に入った方が、保険金でローンを返済することもできます。
ただし、貯金のある方や、購入価格がそもそも安い場合には車両保険はもったいないと感じるでしょう。

車を購入する際にはきちんと保険についても検討しておくことが大切です。
保険料も踏まえた上で総合的にどれくらいの費用がかかってしまうのかを考えましょう。

自賠責保険の保険料は同じ

自動車を所有する方が必ず加入しなければいけない保険が自賠責保険です。
新車はもちろんのこと、中古車を購入する際にも加入が義務付けられており、毎年保険料を支払います。
基本的に新車でも中古車でも自賠責保険の保険料は変わりません。

ただし、中古車の場合は保険期間の残りの月数に相当する保険料を支払うということが多いです。
保険料の扱いは販売店ごとに異なっています。
場合によっては残っている保険期間については保険料を支払わなくても良いケースもあります。

中古車に関してはきちんと自賠責保険の名義を変更しておきましょう。
保険について分からないことがあるならば、販売店のスタッフに質問をすれば丁寧に答えてくれます。
自賠責保険は車検とセットで加入や更新をすることになります。

中古車を購入する際には、どれくらいの期間が残っているのかを確認しておきましょう。
残り期間が短いとすぐに更新の手続きをしなければいけません。