同じプランでも他社の方が安い?

色々なサービス

車の保険料に関してはどうすれば安くすることができるのか悩んでいる方は多いでしょう。
既に保険に加入している方であっても、更新の際には保険の内容を見直して安くできないか考えている方がいます。
しかし、多くの方は現在加入している保険会社のサービスの中であれこれ悩んでいます。

なかなか別の保険会社に変更しようと考えることは少ないでしょう。
実は、同じ補償内容だったとしても保険会社を変えることによって保険料が変わるケースはよくあります。
保険会社ごとに保険料にはかなりの違いが出ることがあるのです。

まったく同じ条件であり、保証プランも同一だったとしても、保険会社が違うだけでたとえば年間の保険料が数万円違ったりするのです。
実際に色々な保険会社に対して見積もりを受けてみれば一目瞭然でしょう。
今の保険会社で納得しているならば良いのですが、少しでも保険料を安くしたいならば、違う保険会社の保険料も調べてみるべきです。

実はとても損をしているケースもあるのです。
本当は保険料を安くできるのにそのチャンスを逃している方はたくさんいます。

保険料が違う理由

それではどうしてまったく同じ条件だったとしても、保険料が違うケースがあるのでしょうか。
その違いの一つとして、保険会社にはダイレクト系と代理店型の2種類があるのです。
この2つで何が違うのかを理解するためには保険料の内訳を見る必要があります。

保険料は純保険料と付加保険料、代理店手数料が含まれています。
このうち実際の保険金に関係するのは純保険料のみであり、付加保険料は営業コストのためのお金であり、代理店手数料は代理店へ支払われるお金です。
そして、ダイレクト系の保険では代理店手数料がかからないために保険料が安くなるのです。

保険料が安くできるため、最近はダイレクト系のサービスが人気を集めています。
インターネット上ですぐに手続きができるものはダイレクト系の保険です。
代理店が関わらないために保険会社にとっては余計なコストがかからないため保険料を安く抑えることができるのです。

自動車保険の更新は基本的に1年ごととなっています。
したがって、1年ごとに保険の見直しをする機会があるのです。
その時には色々な保険会社から見積もりを受け取り、本当に今のままで良いのか検討してみましょう。

現状のプランのままで見積もりを受けることも可能なためとても簡単です。
魅力的な保険料を提示する会社があるならば、そちらの保険に乗り換えても良いでしょう。