空気圧点検と充填方法について

タイヤの空気圧は重要

車を支えているのはタイヤであり、タイヤには空気が入っているからこそ車体を支えられます。
パンクしたタイヤで走ると、正常な走行を妨げるようになり、空気圧が低いタイヤは同じような状態です。

空気が抜けたままのタイヤで走ると、走行性能が悪くなるばかりでなく、タイヤと地面の設置面積が大きくなりますので、燃費も悪くなります。
またパンクの危険も高まりますので、リスクが高くなるのです。
タイヤは問題なくても、空気は自然と抜けていきますので、1ヶ月に1回は空気圧チェックをすべきです。

点検方法

1、車の推奨の空気圧を確認
それぞれの車メーカーでは、そのタイヤの推奨空気圧を公表しています。
一般的に運転席のドアの開口部に記載されていることが多く、空気圧が書かれているシールが貼られています。
そこに記載がない場合は説明書を見ましょう。
また前後のタイヤでも推奨空気圧が違うことがあります。

2、タイヤの空気圧チェック
まずはタイヤのエアバルブのキャップを外します。
キャップは無くさないように、分かる場所に置いていきましょう。

次にエアタンク式かデジタル式のエアゲージがありますので、どちらかのノズルをエアバルブに取付け、空気圧をチェックしましょう。
高速道路を走った後など、タイヤが温まっていると空気圧が高めに表示されることがあります。
タンク式や据え置き型のデジタル式だと、空気圧のチェックと同時に、空気圧調節も出来ます。

ガソリンスタンドでも空気圧チェックは出来ますが、エアゲージはホームセンターなどでも売っているので、それを買って自分でチェックも出来ます。
また自転車用空気入れを使っても、自分で空気圧を足して調節することが出来、基本は少し多めに空気を入れてエアゲージを使って確認し、ゲージのリセットボタンで空気を抜きながら圧を調節します。

スペアタイヤチェック

スペアタイヤがあるなら、それも空気圧をチェックしましょう。
スペアタイヤの空気圧は、タイヤの側面に書かれていることが多く、それを見てその通りに空気圧をチェックして調節します。
もしも空気圧が少ないようなら、同じようにして空気を足して調節します。

空気圧をチェックしたなら、ついでにタイヤの磨り減り具合もチェックしましょう。
タイヤにはスリップサインがありますので、このスリップサインが表面に出ていたらタイヤ交換の印です。
またタイヤの表面を手で触ってみて、タイヤにヒビや亀裂がないか、ゴムが劣化していないかも確認しましょう。
タイヤを交換しなければいけないなら、ガソリンスタンドなどでも交換できますが、車体をジャッキアップすれば自分でも交換可能です。
車体の下に潜り込む必要はないので、タイヤ交換は難しい物ではありません。