傷がつきづらい洗車手順

水洗い

洗車というとガソリンスタンドや洗車場に行って、洗剤を使って洗うようなイメージがありますが、水洗いでも十分綺麗になります。
水洗いというと水をかけて拭くだけというイメージがありますが、それは正しい水洗いの方法ではありません。
水洗いもしっかりと行えば手間暇がかかりますので、十分に道具などを用意して時間のあるときに行います。
水洗いするときに用意する道具は以下の通りです。

・シャワーノズル
車に効率よく全体に水をかけるために使います。
ホースだけでも良いですが、ノズルがあったほうが便利です。

・バケツと洗車用タオル
スーパーなどで売っている雑巾ではなく、車用のタオルを用意します。
雑巾などで洗うと車体に細かい傷が付くのでおすすめできません。

・脚立
高い場所のルーフを洗う時に役立ちます。

・長靴
足が濡れないようにするためです。
濡れても構わないと言う場合は用意しなくても構いません。

洗車の手順

洗車を行うなら涼しい時に行うべきであり、夏なら直射日光のない朝か夕方に行うべきです。
水洗いして車に付いた水滴を放置すると、水垢となって汚れになるので、水洗いするときは水の蒸発との戦いです。
蒸発しないように素早く行いましょう。

1、ホイールの洗車
車体の洗車の前にまずはホイールを洗います。
タイヤとホイールをまずは洗い、使用するウエスやタオルは車体用とは別に用意して使います。

2、車体の洗車
水洗いするときは、車体に水をかけてその後タオルで拭くというやり方は間違いです。
正しくは、タオルを車体に当てたまま、そこに水をかけて水を流しながらタオルで汚れを拭き取っていきます。
水をかけながらタオルを動かします。
そして洗車する時は高い位置から始めて、次第に下の方を洗っていきます。
下の方から洗うと、上を洗うとその汚れが下についてしまいます。

水を拭き取る

車全体を水を掛けながら洗って終わったら、今度は車体に付いた水を拭き取ります。
この拭き取るというのが時間との戦いです。
そのままにしておくと水垢になって汚れとなり、車が汚くなります。

車についた水を拭き取るときは、日陰に車を移動させて行います。
日射しを受ける場所で行うと、車体全部の水を拭き取る前に蒸発して水垢になってしまいます。
特に夏場だと水が蒸発しやすいので、場所と時間を考えて行うべきです。

時間があればワックスを塗っておきましょう。
ワックスを塗るのはツヤを出すばかりでなく、塗装を紫外線から守る役割もあります。

さて水洗いの方法をご紹介しました。
水洗いを行うと塗装を硬くする効果もあり、虫や泥汚れの場合は水で柔らかくして落としやすくしてくれます。
水洗いをするなら、とにかく時間との戦いで素早く行いましょう。