キューブ

明るい車内とおしゃれなインテリアが特徴のキューブ

日産自動車のキューブは、代々おしゃれなデザインに注目が集まっているモデルです。
特に現行モデルでは、窓の面積を大きく取っていることや、フレームの形に工夫をしていることなどで採光がとても良く、車内がかなり明るく感じられるという特徴があります。
家と一緒で車内があかるいと気分が違いますし、ドライブをより快適に楽しむために役立ちます。

また、インテリアデザインがとてもおしゃれになっているのも現行モデルの良いところです。
シートの材質やデザインを複数の中から選ぶことができますので、自分の好みに合った車に仕上げることができます。
どのスタイルもとてもおしゃれで迷ってしまうでしょう。

シートの作りも徹底していて、まるでソファーのような優しい感覚になっているので、長時間のドライブでも疲れを感じづらく快適に過ごせるのが魅力です。
デザインの良さと合わせて、車内にいるのが楽しくなるような空間になっていて、家族みんなでドライブするのにベストな車でしょう。

アイドリングストップ機能で経済的に走れるのが魅力

キューブは5人が余裕を持って乗れるゆったりとしたサイズのクルマですが、燃費が良く経済的という魅力があります。
1リッター当たり19キロほどの燃費効率となっていて、家計にも優しい車と言えます。

その秘密の一つは効率の良いアイドリングストップシステムです。
エンジンを使用しない時はエンジンを切って無駄なガソリンを使わないようにコントロールしてくれます。
もちろん、始動する時にはすぐにエンジンがスタートしますので、ストレスが溜まることなくエコ運転ができるというメリットがあります。

メーターパネルにはエコ運転の状況が表示されて、どのくらいの燃費で走っているのかを認識可能です。
また、よりエコな運転をするための情報も表示されますので、効率の良い走り方をすることができるのも利点となっています。

毎日の使用に便利なアイディアが詰まったキューブ

キューブは女性の運転や家族での使用をメインとしたケースが多いので、細部にまで細かなアイディアが活かされています。
買い物の際に荷物の出し入れがしやすいように、ラゲッジスペースのドアは横開きとなっていますし、しっかりとしたスペースが取られていますので、たくさんの荷物を積むことが可能です。

また、収納スペースが車内のいろいろなところに設けられていて、運転していても後部座席で過ごしていても、楽にいろいろなものを出し入れできるのも便利です。
キューブは180万円程度が相場となっていて、その性能や装備の充実さの割に手軽な価格に設定されているのも人気の一つと言えるでしょう。