しらす丼を食べに江ノ島へ

観光場所がたくさんある

神奈川県には江ノ島と呼ばれている島があります。
江の島という表記が正確なのですが、江ノ島と表記されることも多いです。
名所として知られており、またたくさんの作品の中に登場していることから知名度はとても高いです。

小田急江ノ島線の片瀬江ノ島駅が最寄り駅となっています。
湘南モノレールの駅も近くにあり、こちらを利用してアクセスする方は多いです。
江ノ島には江島神社があり、こちらは日本三大弁天の1つです。

島を登るための道が参道となっています。
また、有料のエスカレーターを利用することもできます。
江ノ島にはたくさんの捨て猫が生息しており、猫の姿を見ることができる島です。

捨て猫のための避妊手術をするための募金箱も設置されています。
江ノ島からは天気が良ければ遠くの方まで見渡すことができて、たとえば富士山やランドマークタワーが見えることがあります。
この江ノ島は友達や恋人、家族などと一緒に訪れるスポットとして適しているのです。

レストランや展望台があるなど、楽しいスポットが満載です。
江ノ島にある白灯台は釣りをする方がよく集まっており、他にもカップルが訪れる場所として人気です。
江島神社は恋結びや縁結びの絵馬がある神社のためデートスポットとして知られています。

江ノ島の下には洞窟ができており、こちらは有料で見学することができます。
幻想的な雰囲気を楽しむことができるためカップルには人気です。
江ノ島にある人気スポットの一つが滝恋の鐘です。

この鐘を鳴らすことによって、2人は永遠に別れないとされています。
サムエル・コッキング苑という場所があり、ここには色々な植物が植えられています。
江ノ島の観光についてはこちらも詳しいです。
参考:http://www.fujisawa-kanko.jp/spot/spot01.html

江ノ島のしらす丼

江ノ島のご当地グルメとして人気があり、ぜひとも食べてもらいたいのがしらす丼です。
こちらには新鮮なしらすを食べることができるお店がたくさん集まっているのです。
しらすは鮮度が大切な魚であるため、水揚げしてすぐのものが食べられるこのエリアでしか生しらすを食べることはできないでしょう。

一度生しらす丼を食べたらその味に病みつきになってしまうでしょう。
鎌倉では色々な魚介類を味わうことができるのですが、その中でも生しらすは絶品なのです。
寿司は定番なのですが、それだけではなくてしらすにも注目してください。

江ノ島の名物となっているため、こちらにはしらす丼を出してくれるお店がたくさんあります。
1000円程度のリーズナブルな料金となっているため、気軽に食べられるでしょう。
ぷりぷりとした食感が特徴的であり、しらすの本来の味を堪能できるでしょう。

あつあつのご飯にどっさり載せられた生のしらすは大根おろしやしょうゆをかけて食べます。
これまでにほとんどしらすを食べたことがないという方にはぜひともおすすめします。