車にあまり乗らない人のちょいのり保険

マイカーを持たない人におすすめ

車にほとんど乗らないけれど、たまにお父さんやお母さんの車を借りて運転する……、そういう女性も多いのではないでしょうか。
また、何らかの理由で先輩やお友達の車を運転する機会があるかもしれません。

マイカーを持っていない人や、マイカー以外の個人の車を運転する場合、気になるのが万が一の事故です。
親御さんの車の場合、年齢制限付きの自動車保険に加入している人も多いですから、娘は適応年齢外となって保険が使えないケースもあります。
また、知り合いの車に乗っていて事故を起こした場合、相手の自動車保険を使うと、事故経験ありとして保険等級が下がり、保険料が引き上げられるケースも少なくありません。

このように人の車を運転するときはリスクがあり、トラブルが起こりやすいことを覚えておきましょう。
では、親御さんの車をたまに借りるなど、ふだんほとんど車を運転しない人は、どのような保険対策を行えばよいのでしょうか。

このような人にぴったりなのが、東京海上日動の1日自動車保険、ちょいのり保険です。

1日ワンコインで加入できる手軽な保険

ちょいのり保険は親や知り合いの車を借りて運転するときに24時間単位で加入できる、手軽な自動車保険です。

保険料が24時間500円と、ワンコインで1日利用できるのが特徴です。
ただしこれは車両保証なしのプランの場合のお値段です。
車両補償ありのスタンダードプランは24時間1,500円、もらい事故に遭ったと時に弁護士費用特約がつく車両補償ありプランプレミアムは24時間1,800円となります。
1回の申込みで連続7日分まで加入できるので、旅行などで何日も運転する場合でも利用できます。

申し込み手続きが、スマートフォンや携帯電話から簡単にできるのも魅力です。
スマートフォンや携帯電話でまずは、本人登録を
して、本人登録完了後に申し込みが可能となります。
ただし利用できるのはドコモ、au、SoftBankの3社のみで、SoftBankの場合は携帯電話は利用不可で、スマートフォンのみの対応となっているので注意が必要です。

また、将来マイカーを購入する予定がある人は、マイカー購入時に東京海上日動の自動車保険に加入すれば、ちょいのり保険を利用した日数分、保険料の割引が適用されます。
割引率はちょいのり保険の利用日数が5~9日で、6等級(S)が8%引き、7等級(S)が2%引き。
10~19日の利用では6等級(S)が15%引き、7等級(S)が4%引き、20日以上利用すれば6等級(S)が20%引き、7等級(S)が5%引きとなり、最大で20%もお得になるのです。

このようにちょいのり保険は、現時点ではマイカーを購入するほど車を運転するわけではないので、車を借りるときだけ自動車保険を利用したいという人に最適です。

2012年1月からスタートしたちょいのり保険は、多くの人から支持され、2017年1月には利用者数が累計で300万人を突破するほどの人気の保険となっています。
パパやママの車をちょっと借りる、旅行などで運転に疲れた友達と変わってあげるなど、人の車を運転するときにぜひ利用したい保険です。