1. >
  2. >
  3. 通販型と代理店の保険のメリットデメリット

通販型と代理店の保険のメリットデメリット

通販型と代理店型、何が違うの?

近年、自動車保険もインターネットから手軽に申し込める通販型のものが増えています。
コマーシャルなどでもよく目にしたり、耳にしたりしますから、馴染み深いサービスとなっており、利用者も増加傾向にあります。

この通販型の自動車保険と、従来からある代理店型の自動車保険とはどのような違いがあるのでしょうか。

通販型の自動車保険は、代理店型の自動車保険とはことなり、店舗を持たずに営業しています。
インターネットや電話などで契約できるので、わざわざ店舗を構える必要がありません。

代理店型の自動車保険は保険代理店として店舗を構えており、店舗などで営業マンが顧客とマンツーマンでやりとりをして保険契約を行います。

通販型と代理店型では、このように店舗の有る・無しが大きな違いとなります。
通販型は店舗がありませんから、家賃など店舗の維持費が不要になります。
その分、低コストで運営できるわけですね。
そして経費を削減した分だけ、保険料を安く設定できるのです。

手軽で安価な通販型、手厚いサービスの代理店型

店舗を持たず低コストで運営できる通販型の場合、保険料が安くなるのが最も大きなメリットです。

では代理店型の自動車保険にはどのようなメリットがあるのでしょうか。
たしかに、代理店方の方が保険料が割高になります。
しかしその分、保険についてのていねいな説明が行われるので、自分にぴったりの補償やオプションを選びやすくなります。
また、実際に事故を起こしたときも、担当者が契約者に変わってさまざまな対応をしてくれるので安心です。

一方、通販型の場合はこのような手厚い対応は、ほとんど期待できません。
補償内容など保険プランも自分で決める必要があるので、ある程度の自動車保険に関する知識がないと、適切な補償などを選べなくなることがあります。

このように通販型では手厚いサポートはあまり期待できないが保険料が安い、代理店型は手厚いサポートが受けられるが保険料が割高というメリットとデメリットがあります。

そして代理店型の保険を選ぶときに気をつけたいのが、信頼できる担当者を見つけることです。
代理店にはさまざまなスタッフが働いています。
なかには優秀なスタッフもいれば、そうでない人もいるはずです。
優秀なスタッフが担当者となった場合は安心です。
しかし、それほど優秀ではないスタッフが担当者になったり、代理店が人手不足で十分なフォローが受けられなかったりすることもあります。
代理店には当たり・ハズレがあるあることを頭に入れて、信頼のできる代理店と担当者かどうかをしっかりとチェックする必要があります。

通販型の保険を選ぶ場合は、複数の会社から見積もりを請求するなどして比較検討し、自分にピッタリの保険を選びましょう。

通販型、代理店型、いずれの保険にも良いところと悪いところがあります。
インターネットの口コミなども参考にしながら、良い保険会社を選ぶことが大切です。