1. >
  2. >
  3. 保険の相場や年齢別平均保険料はいくら?

保険の相場や年齢別平均保険料はいくら?

節約をイメージする貯金箱

年代別・自動車保険料の相場

家計の節約を考えるとき、保険料を見直す人も多いのではないでしょうか。

保険料には自動車保険、生命保険などさまざまなものがありますが、ほとんどの人が加入していると思います。
月々、何万円かの保険料が必ず出ていくので、家計に負担がかかっていると感じている人も多いはず……。
そこで今回は、みんなはどのくらいの自動車保険料を支払っているのかについて、調べてみました。

ただ、自動車任意保険は車種や使用者など条件によって料金が変わってきます。
ここでは一般的な小型乗用車で、使用目的は通勤、利用者は家族限定、7等級の場合でみていきましょう。

この場合の平均的な相場は20歳以下(本人以外の年齢制限:なし)で車両保険ありの場合は年額10万7000円、車両保険なしの場合は6万8000円となります。
まず20代です。
21~25歳(本人以外の年齢制限:なし)の場合、車両保険ありでは年額8万7000円、車両保険なしでは6万1000円です。
25~29歳(本人以外の年齢制限:25歳以上)では、車両保険ありが年額7万円、車両保険なしでは4万9000円となります。

次に、30代の相場をみてみましょう。
30~34歳(本人以外の年齢制限:30歳以上)では車両保険ありが年額6万4000円、車両保険なしでは4万6000円です。
35~39歳(本人以外の年齢制限:35歳以上)では車両保険ありで年額6万円、車両保険なしでは4万2000円です。

40代になると40~49歳(本人以外の年齢制限:35歳以上)で車両保険ありの場合は年額6万2000円、車両保険なしでは4万4000円です。

50代では50~54歳(本人以外の年齢制限:35歳以上)で車両保険ありでは年額6万4000円、車両保険なしでは4万5000円。
55~59歳(本人以外の年齢制限:35歳以上)で車両保険ありでは年額6万9000円、車両保険なしでは4万9000円となります。

60代になると、60~64歳(本人以外の年齢制限:35歳以上)で車両保険ありが年額7万4000円、車両保険なしでは5万2000円。
65~69歳(本人以外の年齢制限:35歳以上)では車両保険ありが年額7万7000円、車両保険なしで5万4000円が相場です。

値段だけで自動車保険を選ぶのは禁物

このように見ていくと、20代前半までの自動車保険が高く、20代後半から30代になると保険料は低くなります。
そして40代を境に、それ以降は徐々に保険料が上がっていくことがわかります。
これは、若年層や年齢が高くなるにつれて事故リスクが上がるためだと考えられます。

ただ、自動車保険にはさまざまなタイプがあり、値段の高低だけで選ぶと公開するケースもあります。
保険料を節約するためには、ムダな補償をつけないこと。
ライフスタイルや子どものある無しなどで、必要な補償やオプションは違ってくると思います。
しかし、誰にでも最低限必要なのは、相手のケガを保障する対人補償、相手の物損を補償する対物補償、自分や搭乗者を補償する人身補償、マイカーを補償する車両保険の4つです。
また、万一に備えと手対人・対物補償は無制限を選んでください。

このほかにも他の家族も自動車保険に加入している場合、補償が重複している場合があるので、重複がないかもチェックしましょう。