バッテリーの交換方法とは?

感電に注意すれば自分でバッテリー交換できる!

バッテリー交換というと、ディーラーなどプロにお任せするもの……と考えている人も多いのではないでしょうか。
しかし注意点さえ守れば、自分でもバッテリー交換を行うことができます。

今回は、バッテリーの交換方法についてまとめみました。
しかし、安易な気持ちでバッテリーに触ると感電などのキケンが伴います。
十分に注意して、慎重に行いましょう。

まず、バッテリーを触る前に、車体など勤続に触れて、体に溜まっている電気を逃しましょう。
そして、バッテリーを扱う際は、必ず絶縁のためのゴム手袋、目を守るための保護メガネをつけて作業をしてください。

このほかバッテリー交換の際には、スパナという工具が必要です。

バッテリーの取り外しはマイナスから!

では、バッテリーの取りはずしからみていきましょう。
まず、車のエンジンを止めて、キーを抜いておきます。
ライトなどのスイッチも、忘れずに切っておいてくださいね。

次に、バッテリーのマイナス側のケーブル端子を外します。
必ず、マイナス側から外す。
これがバッテリーを触るとときのお約束です。

マイナス側のケーブル端子をはずしたら、次にプラス側のケーブル端子をはずします。

その後、バッテリーの取付金具をはずせば、バッテリーは簡単に取り出すことができます。

取りはずしたバッテリーは、交換用の新しいバッテリーを購入した販売店になるべく早く引き取ってもらってください。

メモリー機能付きの車種の場合は?

車種によっては、メモリー機能が付いているものがあります。
このような車種では、バッテリーを取り外すと車のデータも消えてしまうことがあります。
データを保護するために、バックアップ電源を使いましょう。
バックアップ電源は、車両のシガーソケットにつなぐ方法と、バッテリーの端子に繋ぐ方法があります。
今回は、バッテリー端子につなぐ方法をご紹介します。

まず、バッテリーの取り外し作業に取り掛かる前に、バッテリーターミナルと呼ばれるバッテリー端子に付属している金属部分に、メモリーをバックアップするためのクリップを取り付けます。
最初にプラス端子にプラス極を、次にマイナス端子にマイナス極を取り付けてください。
プラス端子は赤いゴムカバーで保護されているはずですから、カバーを剥がしてクリップに取り付けます。

そして、新しいバッテリーを取り付けた後、メモリーバックアップのクリップを取り外します。
外す手順は、最初にマイナスのクリップ、次にプラスのクリップの順番で取り外してください。
そして、プラスクリップに付いていた赤いゴムの保護カバーを元に戻しましょう。
これでメモリーの消失を防ぐことができます。

取り付けは右から

バッテリーを外したら、新しいバッテリーを取付けます。

バッテリーの取り付けでは、取付金具やケーブル端子を必要以上にきつく締め付けないことが大切です。
きつくしめつけると、その部分が変形や破損して、バッテリーの故障の原因となるからです。

では、いよいよバッテリーを取り付けていきます。
まず、取付台に新しいバッテリーを置いたうえで取付金具によって固定します。
このときに、端子の方向を間違わないようにしましょう。

取り付ける場合は、取り付けのときとは逆に、プラス側のケーブル端子から取り付けていきます。
プラス側のケーブル端子を、バッテリーのプラス端子に取り付けてナットをきちんと締めて固定します。

次にマイナス側のケーブル端子を、バッテリーのマイナス端子の方に取り付け、ナットを締めて固定しましょう。

端子カバーが付いていた場合は、元通りに端子カバーをつけるのを忘れないようにしてください。

これでバッテリー交換は完了です。
ただ、バッテリーはかなり重いです。
少しでも不安があれば、プロに任せることをおすすめします。