水抜き剤で燃費アップ?

ガソリンタンクに水が溜まるのはなぜ?

ガソリンスタンドで、水抜き剤をお入れしますか?と尋ねられた経験はありませんか?
水抜き剤って何?と思われた方も多いとおもいます。
水抜き剤とはどのような働きをするものなのでしょうか?

水抜き剤とは、ガソリンタンクに溜まった水を抜くための液剤です。
ということは、ガソリンタンクに水が溜まることがあるというわけですね?
なぜ、このような減少が起こるのでしょうか。

ガソリンタンクにガソリンが満タンの状態で入っている場合は、水が溜まる心配はありません。
しかし、自動車は常にガソリン満タンの状態で走っているわけではありません。
最初は満タンだったガソリンも、走っていくうちに減ってきます。
また、満タンに給油しない場合もあります。

ガソリンが満タンでない場合、タンク内には下部にガソリン、丈夫に空気が溜まった状態になっているはずです。
このタンク内の空気が冬場や夜間の気温低下などによって冷却されると、結露を発生してタンク内に水となってたまるのです。
冬場になると家の窓ガラスでも、外気の温度と室内の温度との差で、結露が発生することがあります。
それておなじ原理で、タンクの内側の壁面に結露が発生するのです。

ガソリンタンクが金属製の場合、この結露による水滴によって錆びやすくなり、錆による劣化が進むと、ガソリンタンクに穴が空いてしまうリスクがあります。

そこで、タンク内に結露を発生させにくくする水抜き剤が販売されているのです。

水抜き剤でタンク内の水がなくなるのはなぜ?

市販されている水抜き剤は、主な成分としてイソプロピルアルコールが使われています。
イソプロピルアルコールは水と油の両方に溶ける性質があります。
水と油であるガソリンは、比重が違いので混じり合うことはありません。
しかし、イソプロピルアルコールを混ぜることで水とガソリンを融合させ、ガソリンタンク内の水分を、ガソリンとともにエンジンに降りだし、燃焼させることができるという仕組みです。

さらに水抜き剤の中には、防錆剤が入っているものも多く、タンクが結露によって錆びるのを防ぐ効果もあります。

ただ、最近の自動車の場合、ガソリンタンクには錆びない素材が使われていたり、タンクの内部を樹脂でコーティングしたりしていますから、新型の車の場合は防錆剤は不要といわれています。

水抜き剤はガソリンスタンドで入れてもらうと割高なので、カー用品店などで売られている水抜き剤を購入して、自分で入れるのがおすすめです。
水抜き剤はガソリンが満タンの状態で、一本まるごと入れるのが一般的です。
使い方をよく読んで、正しく使いましょう。

水抜き剤を使用している人の口コミを見ると、これといって効果は実感できないけれど、入れないより入れるほうがいいかなと思って使っている……という意見が目立ちしました。
試しに使ってみるのもいいかもしれませんね。