初心者にも簡単にできるヘッドライトの交換方法

ヘッドライト交換にチャレンジしよう!

車を安全かつ快適に走らせるためには、メンテナンスを怠らないことが大切です。
メンテナンスにはさまざまなものがありますが、自分でできるメンテナンスもあれば、ガソリンスタンドやディラー、自動車修理工場などのプロにお願いしなければならないものもありますね。

今回ご紹介するのは、自分で行えるメンテナンスの一つ、ヘッドライトの交換メンテナンスです。

国産車は信頼が高く性能も良好なのが特徴ですね。
ヘッドライトも緻密に設計して作られていますから、それほど頻繁に交換する必要はありません。
ほとんどの場合は車検などの定期点検でチェックしてもらえるので問題はないと思います。

しかし、なかには中古車で古いタイプの車を使用していたり、カスタマイズをして非正規のヘッドライトを使用している人がいるかもしれません。
このような場合は、寿命が短くなるケースが多いので、こまめに点検して早め早めの交換がおすすめです。

なぜなら、走行中にヘッドライトが点かなくなると、とても危険だからです。
このため夜間などヘッドライトが必要な道路で、ライトを付けずに走行すると法規違反となり、7000円の違反金を支払わなければいけないと決められています。
ヘッドライトの様子がおかしいなと思ったら、すぐに交換することをおすすめします。

ヘッドライト交換時は感電に注意!

では、ヘッドライトの交換方法をみていきましょう。
まずボンネットを開けて、ヘッドライド裏側を見てくだい。
ヘッドライトから伸びているコードを確認してください。
このコードにはロックがかかっています。
ロックのツメを指で押してロックをはずしながら、コードを引き抜きましょう。

次に、防水・防塵用のカバーを取り外しましす。

そうすると、ヘッドライトのバルブ(電球)が現れますので、バルブを抑えているクリップを外します。
そして、バルブを引っ張って取り外します。

その後、古いバルブを外して新しいものに取り替えてます。

新しいバルブを取り付けたら、これまでとは逆の順番で取り付けていきます。

最後に、きちんとライトがつくか確認して、交換作業は完了です。

ヘッドライトを交換するときは、感電しないように十分に気をつけてください。
バルブの交換時には、ライトスイッチをキリ、必ずバッテリーのマイナス側を外しておくようにしないと、感電の恐れがあり危険です。
取り付け説明書をよく読んで、説明書通りに取り付けましょう。

種類によっては1万ボルト以上の高電圧となっており、とても危険です。
もし、関電が不安、取り付け方法がよくわからないという場合は、多少費用がかかってもプロにお願いするほうが安全ですし、確実です。