鉄粉除去のやり方とタイミング

鉄粉は洗車ではとれないしつこい汚れ

こまめに洗車しているつもりでも、車には細かな汚れが付着しやすいので注意が必要です。
また、ふだんの洗車では落ちない汚れもあります。
その一つが、鉄粉です。
洗車をしても車体をさわって、ざらざらする感触があれば、鉄粉が残っている証拠です。

では、どうして鉄粉が付着するのでしょうか。
車に付着する鉄粉汚れは、空気中に舞っている鉄粉が原因だといわれています。

空気中のには車や電車のブレーキの摩擦で飛び散る鉄粉、鉄工所などから飛び散る鉄粉などさまざまなものがあります。
これらが走行中や停車中の車のボディに付着してしまうのです。

また、ホイールも鉄粉が付着しやすい箇所です。
ホイールに付着する鉄粉は、自分の車がブレーキを掛けるたびに生じる摩擦によって、飛び散るブレーキダストです。
車の運転では頻繁にブレーキ操作を行いますから、ブレーキダストによるホイールの汚れを防ぐことは困難です。

車体、ホイールともに、定期的に鉄粉を除去するメンテナンスを行いましょう。
鉄粉は車体な突き刺さった状態で付着しますから、放置しておけば自然に取れるという性質のものではありません。

そして、鉄粉を放置していると、空気中の酸素や水に反応して錆が発生し、車体の劣化を引き起こします。
せっかく苦労して洗車をしても、鉄粉対策を怠っていたのではピカピカの車を維持することはできないのです。

通常の洗剤では鉄粉を除去で着せませんから、専用の鉄粉除去剤できれいにしましょう。

液状タイプと粘度タイプを使い分けよう

鉄粉除去剤には液状のものと、粘度タイプのものがあります。

液状タイプはボディを傷つけにくく、手軽に使えるのが特徴です。
まず、液状タイプの徹分除去剤を使い、それでもまだ車体がざらつくようなら、より強力な粘土タイプのものを使いましょう。

市販の鉄粉除去剤には、さまざまな種類があります。
液状タイプのものは中性のスプレーのものなどが販売されており、車体にスプレーしたり、スポンジなどに液を含ませたりして車体に塗布し、水で洗い流せばきれいになります。
ボディーの塗装を傷つけず、美しく保ったまま鉄粉を落としてくれます。

粘土タイプには、柔らかなソフトタイプと、硬めのハードタイプのものがあります。
ソフトタイプのものはとても細かな粒子で、コンパウンドのような働きをします。

ハードタイプのものは鉄粉はもちろんのこと、タールなどその他のしつこい汚れも落とす、細かな研磨剤です。

液体タイプのもの、粘土タイプのもの、両方のタイプをそろえておくと確実です。

一般的にはホイールの鉄粉除去には液体のスプレータイプのものを使い、車体の鉄粉除去には粘土タイプのものを使いますが、車体ボディにスプレータイプを使いのもおすすめです。

洗車をするときに、まず鉄分除去スプレーをボディーに吹き付け、その後水で洗い流して、後は普通に洗車をするだけでOKです。

そして年に1回程度の頻度で、粘土タイプの除去剤で、こびりついた鉄粉をきれいに落とせば、いつまでも愛車をピカピカに保てるはずです。