1. >
  2. >
  3. 自分でできるオイルチェック

自分でできるオイルチェック

オイルの役割

車のオイルは人で言うと血液と同じであり、車が正常に走るためには必要です。
オイルはエンジン内部に入ってエンジンの部品を滑らかに動かしたり、エンジン内の温度が上がって焼き付けを起こすのを防いだり、エンジン内部の埃などを取るといった重要な役割があります。
エンジンをスムーズに動かすための潤滑油の役割もしています。

オイルは車の部品の汚れを取ったりもしますので、自然と車を走らせていけば蒸発や燃焼して少なくなり、また汚れもオイル内に溜まりオイルも劣化するので、定期的に交換しないといけません。
もしもオイルを交換せずにそのまま走っていると、エンジンの部品が摩擦で磨り減ったり、スムーズに部品が動かなくなり、エンジンがかからなくなることもあります。

エンジンがかからなくなるぐらいならまだ良いですが、オイル交換をそれでもしないとエンジンパーツが焼き付き、最悪の場合は廃車となります。
オイルは使っているとエンジンの部品の汚れなども取り込み、どんどん粘性もなくなり硬くなっていきますので、一度も交換せずに走るとエンジン自体が動かなくなります。

もしもエンジンがオイルが原因で焼き付き動かなくなれば、数十万円で交換は出来ますが、他のパーツも交換するので、やはり廃車にすることになるでしょう。
交換時期は5,000kmごとや6ヶ月に1回と言われていますが、毎日の走行距離でも違ってくるので、定期的にオイルチェックして確認しながら時期を見るべきです。

オイル点検と交換

それでは点検のためにオイルがどのような状態か見てみましょう。
トランクを開ければオイルゲージという棒状のオイルの状態を見れる部品がありますので、ゲージを抜いてゲージに付いているオイルの色を確かめます。
まずはゲージを抜いたら一度ペーパーなどで付着しているオイルを拭き取り、もう一度元の場所に差し込んでオイルを付けて、再度引き抜きオイルの状況を見ます。

オイルが真っ黒だとすぐに交換しなければならず、茶色だともう少しで交換です。
またゲージにはFとLのラインがありますので、どのラインまでオイルが付いているかみましょう。
Lが下限ラインなので、L以下にしかオイルがついていないなら、オイルを追加して足しておきます。

オイルの交換となると、自分でも行うことは出来ますが、オイルタンクは車の車体の下にありますので、車自体をジャッキアップして、自分で車の下にもぐりこんで行わないとなりません。
自分ですればお金はオイル代金しかかかりませんが、慣れない人には危険です。

オイル交換をしたことがないというなら、車屋さんに持っていってオイル交換してもらいましょう。
また対応しているところではガソリンスタンドでもオイル交換は出来ます。