車内のお手入れ法

掃除に使える道具

車内を掃除するためにはまず色々な道具を揃えるところから始めましょう。
必要なものとして、掃除機やぞうきん、バケツ、歯ブラシ、たわし、ロールクリーナーなどがあります。
既に家にあるものを使えば基本的に対応できます。

車内掃除に欠かせないものが掃除機です。
家庭用のものではなくハンディクリーナーを使うという方法もあります。
どちらにしても、細口のノズルを用意しておくことは大切です。

ぞうきんに関しては洗剤を使うよりも固形石鹸を使った方が汚れは落としやすいです。
歯ブラシは使い古したものを使えば良いでしょう。
たわしについては柄がついているものの方が使いやすいです。

これらの道具を活用して車内の掃除を進めていくことになります。
車内掃除専用の道具はたくさん売られているのですが、100円ショップで上記のものを購入するだけでも十分対応できるでしょう。
あまりお金をかけずに車内掃除を済ませる方が経済的でしょう。

掃除をする際には天候を意識しましょう。
曇りであまり風の強くない日がおすすめです。
晴れていて日差しが強いと掃除がやりにくいでしょう。
また、風が強い日の場合は砂埃やゴミなどが飛びやすいため、掃除をするのが難しくなります。

車内掃除のポイント

車内の掃除の手順としてまずは掃除機を使って大きなほこりやゴミを取り除きましょう。
掃除機を入念にかけることによって、目に見えるような目立つゴミはほとんど落とせるでしょう。
シートやダッシュボードなどにたまっているゴミを素早く落としてください。

この時には細口のノズルを駆使することによって、細かい部分のゴミもきちんと吸い出しましょう。
掃除機のみではなかなかすべてのゴミを落とすことは難しいでしょう。
そこでロールクリーナーを使いましょう。

ダッシュボードに関しては歯ブラシを使うことをおすすめします。
これによって隙間にたまってしまった汚れもキレイにできます。
スイッチやエアコンの噴き出し口なども歯ブラシを使うと良いでしょう。

フロアマットはとても汚れやすいです。
水洗いができるものが多いため、まずは水で丁寧に洗いましょう。
細かい汚れに関しては歯ブラシやたわしを使うと良いでしょう。

ガラスはきちんとキレイに雑巾で拭いておきましょう。
むらが生じないように気をつけてください。
掃除は定期的に行いましょう。

そうすることによって、汚れが固着する前に落とせるため作業がとても楽になります。
掃除をしない期間が長くなってしまうと、それだけ掃除が困難になってしまうのです。
休日を利用して、決まった日に掃除をする習慣を作ると良いでしょう。

また、車内を汚してしまった時にはその場できちんと掃除をするべきです。
車内で飲み食いすることは極力避けた方が良いでしょう。