飛び石で傷がついた時の対処法

飛び石被害とは?

高速道路など、自動車を走らせているときに起こりやすいのが飛び石の被害です。
飛び石とは、タイヤの溝に挟まった小石が、高速走行などによって外れて飛び出すことをいいます。

バンパーやボディに小石が飛んできた場合、傷や凹みなどの軽症ですむことが多いのですが、フロントガラスに直撃した場合は、ガラスにヒビが入って視界が悪くなり、事故を引き起こすキケンもあります。

特に走行スピードが上がっている高速道路では、飛び石の威力が大きくなりますから、フロントガラスに当たった場合の被害が大きくなりやすいので注意です。
たとえ当初は小さなヒビであっても、走っているうちに車の振動や風圧などによって日々が大きくなることも少なくありません。

飛び石でフロントガラスに傷がついた、ヒビが入った……という場合は、なるべく早く修理をしましょう。
ほうっておくと傷が大きくなり、修理費用が高くなる可能性があるからです。

また、フロントガラスにヒビが入っていると視野が確保できないという理由で、車検に通らなくなることも多いのです。

自分では気にならない傷でも、目視で明らかにヒビが入っていることがわかれば、車検の検査官は不適合者と判断します。
ですからフロントガラスのヒビは、放置しないことが大切です。

ただ、フロントガラスの修理代は、決して安いものではありません。
修理費用は傷がついた場所や、大きさなどによって異なりますが、最低でも1万5000円程度はかかると覚悟しておきましょう。
しかし、修理できる条件は非常に限られており、3センチ以上のキズやヒビの場合は修理不能となるのが一般的です。
また、たとえ3センチ以下の傷でも、サッシに近い場所のヒビは修理できないと判断されます。
このように、多くのケースで修理不能となり、フロントガラス全体の交換となることが多いのが現状です。

フロントガラス全体の交換では、純正品の場合は10万円以上の費用がかかります。
ガラス代を節約するなら、純正品以外のガラスや、純正でも中古品のガラスに交換してもらう方法があります。
このような場合でも、7万円以上はかかるでしょう。

このような飛び石の修理にかかる費用には、自動車保険は使えるのでしょうか?
任意保険でガラスの修理費用の補償が付いている場合は、保険が利用できます。
ただ、飛び石が原因のガラスの修理は、1等級下がる事故扱いになるので、翌年の保険料が値上がりするので、今後の保険料との兼ね合いをよく考えて利用する必要があります。

小さな傷なら自分で直すことも可能

わずかな傷なら、ガラスリペアキットを使って、自分で修理することも可能です。
ガラスリペアキットは、安価なものでは500円程度で販売されているので、修理費用を大きく節約することができます。

では、ガラスリペアキットを使った修理の手順をみていきましょう。
まず、傷やヒビにホコリなどが入り込まないように、フロントガラス全体をきれいに掃除します。
そして、補修部分に汚れも水分もないきれいな状態にしましょう。

次に、補修する部分の周辺をマスキングして保護します。
補修には樹脂材を使いますが、この樹脂材は太陽光線によって硬化するものがほとんどです。
傷のない部分に樹脂材がつくと、その部分が劣化するのでマスキングする必要があります。

マスキングをしたら、キズやひび割れ部に補修用の樹脂剤を塗ります。
その後、付属の加減圧ピストンで樹脂材をキズ・ヒビの部分にしっかりと浸透されます。

次に付属の保護フィルムを貼って、樹脂剤が硬化するまで保護してください。
最後に、補修部周辺の余計な樹脂材をカミソリなどで削り取ってきれいにしたら、完成です。