1. >
  2. >
  3. 塗装剥がれは命取り?!

塗装剥がれは命取り?!

一番大切なお手入れ

車の手入れで大切なことの一つが塗装です。
塗装の手入れをきちんとしておくことによって、車をいつまでも輝かせることができるでしょう。
また、車の長持ちさせるためにも塗装は大切な役割を果たしているのです。

塗装というのは単に見た目だけの問題ではなくて、防錆の役割があります。
この塗装が剥がれてしまうと車のボディが錆びやすくなるのです。
塗装というのはどうしても時間が経過すると剥がれやすくなってしまうため気をつけましょう。

車を常に色鮮やかな状態に保つためにも塗装は大切です。
塗装はほんのささいなキズによってもすぐに剥がれてしまいます。
剥がれてしまい中にある鉄板がむき出しの状態になっている場合は要注意です。

そこにサビが生じてしまうと、それがどんどん広がっていき、最終的には取り返しの付かないことになります。
下地塗料が残っている状態だったとしても、それを放置しておけば剥がれが広がる可能性はあります。
常に塗装が万全な状態になっているように手入れをしておくべきでしょう。

塗装を補修するには

塗装剥がれがあまりにもひどい場合はプロに任せた方が良いでしょう。
しかし、ちょっとした剥がれに関しては自分で対処することができます。
塗料の剥がれを補修するための方法がタッチアップです。

これは傷がついた塗装面に同じ色の塗料を用いてハケで塗布するという方法です。
プロ並みの仕上がりを期待することは難しいですが、応急処置として有効です。
小瓶にハケが付いたキャップのある塗料が市販されているため、これを入手しましょう。

塗料については純正品と社外品が存在しています。
基本的にどちらも質や量などに差はありません。
カーディーラーのところにいけば純正品を入手できて、カー用品店には社外品が売られています。

ボディカラーはまったく同じように見えたとしても微妙に異なっていることが多いです。
そのため、まずは純正色番号を確認しましょう。
どこのメーカーであっても、ボディカラーはきちんと番号によって管理されているのです。

エンジンルームの中には型式プレートがあり、ここに色番号が記されています。
もし色番号が分からない時にはカーディーラーに問い合わせをすれば教えてくれるでしょう。

タッチアップ塗料には小筆がセットされていることが多いのですが、これは使いにくいです。
そのため、別途小筆を用意しておくことをおすすめします。
模型用の小筆はとても使いやすいためおすすめできます。

筆先を自分で斜めにカットすることによって使いやすさが増します。
道具を用意したら、キレイに塗りましょう。
まずは脱脂することで油分や汚れをキレイに取り除いてください。

そして、タッチアップ塗料を何度も薄く重ねながら塗っていき、厚みを作りましょう。
失敗した場合はスプレーシンナーを使うことで取り除けます。