1. >
  2. >
  3. ウォッシャー液の補充方法

ウォッシャー液の補充方法

ウォッシャー液、減っていませんか?

ウォッシャー液は、車のフロントガラスを掃除するためのものです。
フロントウィンドウが汚れると視界が悪くなったときに、ワイパーレバーを引くと、ウォッシャー液が吹き出ます。
そしてその液をワイパーで拭くことで、フロントガラスの汚れを落とすようになっています。

車のフロントガラスは汚れやすいもの。
走行中にホコリや汚れが付着して視界が悪くなることがあります。
前方が見えにくくなると事故を起こす原因にもなりますから、こまめにウォッシャー液できれいにしたいものですね。
しかし、肝心のウォッシャー液が補充されていなければ、必要なときにフロントガラスをきれいにすることができません。

ウォッシャー液は簡単に補充できます。
まず、ウォッシャー液を入れるタンクを探すために、ボンネットを開けてください。
このときにエンジンは切っておいてくださいね。

ボンネットの中には、さまざまなパーツが組み込まれていますが、ウォッシャー液を入れるタンクの蓋には、フロントガラスを表した扇形の図形に噴水のように水が吹き出すマークが付いているので、すぐにわかるはずです。

この噴水の印がついている蓋を開け、ここにウォッシャー液を注ぎます。
ウォッシャー液はそのまま使えるものと、水で薄めて使うものがありますから、使用法をよく読んで使いましょう。

補充の目安は、ウォッシャー液がタンクの半分以下になっているときてす。
タンクが他のパーツに隠れて見えない場合は、残量を確認するためチューブが付いているはずですから、それで確認しましょう。

違うタイプのウォッシャー液を補充するのはNG

ウォッシャー液を補充するときに、注意することがあります。
それは、すでに入っているウォッシャー液と同じタイプのものを補充することです。

ウォッシャー液には洗浄成分のみのノーマルタイプ、水をはじく撥水タイプ、油膜の汚れを落とす油膜取りタイプ、そしてウォッシャー液が凍りにくい、寒冷地向けの解氷タイプの4つのタイプがあります。
このなかで撥水タイプと油膜取りタイプを混ぜ合わせると、効果が得られなくなります。
なぜなら撥水タイプのものは、ガラスの表面に油膜を張って水をはじきますが、油膜取りタイプはその油膜を洗い落とす効果があり、まったく逆の働きをするからです。
最初にどのタイプのウォッシャー液が入っているのか、確認しておきましょう。

それぞれのタイプ別のおすすめのウォッシャー液をご紹介します。
まず撥水タイプでおすすめなのが、ガラコ。
クリアなガラスを保ってくれます。

油膜取りタイプなら、強力油膜取り スーパーウォッシャー液がおすすめです。

解氷タイプでは、解氷 スーパーウォッシャー液(ー60℃)が人気です。