ラパン

若い女性に人気

スズキから出ている軽自動車の一つがアルトラパンです。
通称ラパンと呼ばれています。
アルトを基本として造られているのですが、実際にはアルトシリーズとして認識されていることはありません。

デザインを重視して開発が進められました。
くつろぐことができて、ゆったりと過ごしやすいことが目標とされました。
ラパンを一度見れば、この車がデザインを重視していることは一目瞭然でしょう。

内装や外装のデザインは当時のスズキの車の中でも秀逸なものであり、特に女性からの人気が高かったです。
男性は車の実用性を重視する傾向があるのですが、女性は実用性よりも見た目のデザインを重視することが多いのです。
実際にユーザーのほとんどは女性であり、しかも20代から30代の若い女性から高く評価されました。

アルマイトの弁当箱がイメージとなっている車の外観は丸みのある可愛らしいデザインとなっています。
女性を意識したデザインとなっており、若い女性が好むようなボディーカラーを揃えている点も特徴的です。
軽セミトールワゴンのように見えるのですが、実際にはハッチバックセダン車です。

アルトシリーズの一つなのですが、実際にはラパンという独立した車種として扱われることがほとんどです。
この、アルトと関係があることを結果的に意識させないようなデザインとなっています。

ラパンの魅力とは

ラパンは若い女性から多くの人気を集めたためにモデルチェンジを繰り返して今でも人気車種の一つとなっています。
2015年には3代目の新しいラパンが登場しました。
可愛らしいデザインや広々としていてゆったりとした室内空間、低燃費などラパンの大きな特徴はずっと受け継がれています。

女性だけではなく男性の中にもラパンに注目している方はいて、万人受けするデザインです。
丸みが特徴的であるため、それによって温かみを感じさせます。
ヘッドランプやドアミラーまで丸みをおびており、可愛らしさが全面にアピールされています。

インテリアは私の部屋をコンセプトとしており、シンプルでリラックスできるようなデザインが採用されています。
全体的に明るい色合いとなっており、開放感があり、居心地の良さを感じさせます。
メーターはまるで置き時計のようになっており、メーターの下にあるディスプレイにはうさぎを登場させることもできます。

ナビゲーションパネルはまるでフォトフレームのようになっています。
まるでソファーのようなシートが設定されており、とても落ち着けます。
長時間ドライブをしていたとしても疲れることはないでしょう。

色々なところにひっそりとうさぎの絵が描かれているのがポイントとなっています。
とにかく女性向けの可愛らしさにこだわっているのです。