1. >
  2. >
  3. スペーシア

スペーシア

1.7メートルを超える車高

スズキを代表する軽自動車として大きな人気を集めているのがスペーシアです。
2013年に発表されたこちらの車はパレットの後継モデルとして注目されました。
車高は1.7mを超えており、とても広い室内空間を実現しています。

後席スライドドアを採用しており、乗り降りはとても楽です。
ホンダのN BOXやダイハツのタントをライバルとして想定しており、スペーシアは女性をターゲットにして人気を得ました。
パレットの名前を変えてスペーシアが発売された理由としては、さまざまな点で大きな進歩があったからです。

両側スライドドアや副変速機構がついているCVTはパレットから継承されたものです。
スペーシアの大きな特徴はとても広い室内空間があるにも関わらず、ボディーの軽量化に成功している点です。
エンジンやトランスミッションは大きく改良されており、それによって燃費はかなり向上しています。

ボディーサイズは軽自動車の規格ぎりぎりとなっており、とてもゆとりのある空間が生まれています。
軽ハイトワゴンの中では最も軽量の部類に入っており、快適に走らせることができます。
頭上空間に余裕があるため、身長の高い男性であっても安心して乗れるでしょう。

スペーシアの魅力的な特徴

スペーシアの室内高はとても高いため、小学生低学年ぐらいの子供であれば立ったまま着替えることもできます。
大きな自転車であってもつめ込むことができるため便利です。
開放感があり、後部座席のレッグルームで足を組むことも可能です。

適切な材料を選択して、それを適切な部分に使用しているため、広い空間を作り出すことに成功しています。
コンピュータによる技術が進展しているため、どのような部材を組み合わせればより強度があり安全性に優れた車になるのかをシミュレートしています。
それによって、これまでになかった安全性や快適性を実現しています。

後席を倒すことによって広々とした荷室を作り出すことができます。
そのため、買い物に出かけることの多いお母さんにとっては便利でしょう。

燃費を向上させるための最新技術が用いられており、エネチャージや新しいアイドリングストップシステムなどの技術によって燃費は改善されています。
ライバル車と比べても遜色のないほどの燃費となっています。
エコカー減税の免税対象となっているため、とても経済的です。

軽ハイトワゴンは現在の流行となっており、各メーカーが作り出しています。
しかし、大型化が進んでいくと燃費が悪くなり、車がどんどん重くなってしまいます。
そのような流れにストップをかけて、車の広さを重視しながら軽量化を進めて低燃費を実現させているのがスズキであり、スペーシアなのです。