SUBARU R2

デザイン性重視

SUBARU R2とは女性をターゲットとして開発された軽自動車です。
当時は軽トールワゴンが主流となっており、居住性が重視されていました。
そのような状況の中でSUBARU R2はデザイン性を重視した点が特徴的です。

かつてスバルからはR-2という車が出ていたのですが、この車名を復活させたのがSUBARU R2です。
プレオの次世代の軽自動車として開発されており、初代とは異なり車名からハイフンを取り除きました。
デザインはとても先鋭的であり、イタリア車をイメージしたものとなっています。

女性のための標準装備が充実している点が話題となりました。
アミノ酸シートや消臭リーフトリム、フロントUVなど女性の美容や健康のための機能がついていました。
装備の種類が充実しており、スーパーチャージャー付きやCVT、5MTなどがあります。

運転性能が他の軽自動車よりも優れているため、車好きのオーナーからの評価は高かったです。
受注は2010年の3月に終了しています。

SUBARU R2の魅力

SUBARU R2はスポーティでエレガントであることをテーマとしたデザインです。
女性が見てなんとなくカッコ良いと感じるようになっており、その雰囲気が好かれました。
日本人にとってのエレガントさよりも、外人にとってのエレガントさをイメージしています。

色合いは豊かであり、自己主張をきちんとしていて、それでいて品の良さを感じさせます。
一度街中で見かければ絶対に忘れることのないインパクトが魅力的です。
フロントマスクは特徴的であり、フロントからリアまでは流れるような美しいフォルムをしています。

美しさだけではなくて安全性にもきちんと配慮しているため安心して運転できます。
とてもシンプルなつくりとなっており、それがかえって飽きさせない工夫となっています。
車に乗っているととても居心地が良いため、いつまでもドライブをしていたいと感じさせるでしょう。

ちょうど良い感じの居住性を実現しており、柔らかくてとても質感があるインテリアです。
とてもエレガントであり、こういう車を欲しかったと女性に感じてもらえるように工夫されています。

軽自動車の安全性が低いとイメージしている方が多いのですが、SUBARU R2は安全性に徹底的に配慮しています。
衝突試験においてスバルの車は優秀な成績を残しているのですが、特にSUBARU R2は最高評価を獲得したボディ構造を採用しています。
たとえば、フロントアクティブセーフティシートが用意されていて、これによって衝突時の安全性を高めています。

このように色々な点において優れているのがSUBARU R2であり、今では生産を中止しているのですが、根強いファンはたくさんいます。
当初は女性向けに作られたのですが、車好きの男性にも高く評価されていて、中古車市場においても人気があります。