タント

快適な時間を過ごせる

ダイハツのタントは2003年から販売されている軽トールワゴンです。
車内スペースの広さを重視している点が特徴となっています。
車の中の空間というのはとても重要であり、そこに広々としたスペースがあれば、乗っている方はとても快適な時間を過ごすことができます。

ずっと一人で運転するならば問題ないのですが、家族や友達などを乗せることもあるならば、室内空間は広いに越したことはないでしょう。
タントは普通の軽自動車と比較してもかなり広くなっているため、背の高い男性であっても快適に過ごせます。
スペース系ワゴンは各メーカーが本気で開発をしているのですが、その中でもタントは元祖として今でも根強い人気があり、モデルチェンジが繰り返し行われています。

独自のアイデアをたくさん盛り込むことによって、他にもたくさんあるスペース系ワゴンの中でもひときわ目立つ存在です。
外見のデザインは特徴的であり、誰が見てもすぐにタントであることが分かります。
モデルチェンジを繰り返すごとにデザインは洗練されており、どのような方にもおすすめです。

上級グレードであればかなりの高級感があります。
新型の単とはシャープな印象を与えるようになっており、カッコ良いデザインです。
ライバルであるNボックスに負けないように工夫されています。

タントの魅力とは

タントにはスマートアシストが設定されています。
これは安全に運転するためのシステムのことであり、誤発進抑制機能や衝突被害軽減ブレーキなどの機能が統合されたものです。
多くの軽自動車に採用されている機能であり、これによって安全性がかなり向上しました。

インテリアは使いやすさを重視しており、ディスプレイやメーターなどはとても見やすくなっています。
収納スペースはたくさん用意されており、運転者にとってはとても便利です。
ティッシュボックスを入れることができるスペースも用意されています。

運転席にはスイッチ類がまとまって配置されているため使いやすいです。
フロントシートはとても座り心地がよく、長く座っていたとしても疲れません。
リヤシートはとても広いです。

室内空間の広さは軽自動車の限界まで到達しているといえるでしょう。
シートはロングスライドが可能となっており、ドアも大きく開きます。
乗りやすさを重視しており、とても楽です。

大きな荷物を出し入れしたり、チャイルドシートを使う際にはとても便利です。
シートバックは複数のポケットが採用されているため、整理できます。
補助ミラーがついているため、これによって事故を防止できます。
このようにさまざまな点において、安全で快適な運転が可能なデザインが施されています。